千葉支部トップページ 入会案内
テレコム・フォーラム
テレコムフォーラムについて
このサイトは日本電信電話ユーザ協会千葉支部の会員様向けに発行しておりますメールニュースのアーカーイブサイトです。メールニュースはこちらでユーザ協会に入会することで購読することができます。
コンテンツ
協会注目ニュース
協会からのお知らせ

支部関連リンク
ユーザ協会本部
とくとくホテルサービス

千葉関連リンク
NTT東日本 千葉支店 千葉西支店
NTT東日本
千葉日報ホームページ
千葉の観光まるごと紹介
幕張メッセ

 

 

協会注目ニュース
2019.6.11更新
NTT Comが明治安田生命に、基幹業務システムを支えるクラウド型ソリューション「HUBクラウド」を提供
〜約5万人の働きやすい環境を実現〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  NTTコミュニケーションズ株式会社は、明治安田生命保険相互会社に基幹業務システムを支える「HUBクラウド」を提供します。
「HUBクラウド」は、明治安田生命の基幹ネットワークとSaaSなどの外部サービスをセキュアに接続し、社内外からのアクセスを一元管理するクラウド型ソリューションで、今年度より全国約1,300拠点の従業員約5万人向けに順次展開していきます。

千葉市とのAI-OCR/RPA活用実証実験結果について
〜税業務において高い読取精度と時間削減効果を実現!〜
  Source : NTT東日本 千葉事業部
  東日本電信電話株式会社千葉事業部は、千葉市の税業務をフィールドとし、AI-OCRによる実帳票の読取精度及び、AI-OCR/RPAによる業務効率化の効果を検証しました。
千葉市では、少子高齢化、市民の価値観・ライフスタイルの多様化など社会環境が変化する中、ITや限られた人的・経済的資源を有効に活用することにより、市民サービスの維持・向上、行政運営の効率化を推進しています。

AIを用いたFAQシステム「CONTIMIXER AI(FAQ)」を提供開始
〜中央労働金庫が導入、本部の問い合わせ対応の負担軽減を実現〜
  Source : NTTデータ
  株式会社NTTデータは、AIを用いたFAQシステム「CONTIMIXER AI(FAQ)」を、2019年5月27日より提供開始しました。ファーストユーザーとして中央労働金庫に導入しています。
CONTIMIXE AI(FAQ)は、AIで日本語の意味を理解して検索を実施します。
AIを用いていない一般的なキーワード検索に比べ6割以上検索ヒット率が高くなります。本サービスを問い合わせ元である営業店等で利用し回答まで完結することで、本部への問い合わせ件数の削減を実現します。

2019年度アクセラレータープログラム「NTT EAST ACCELERATOR PROGRAM LIGHTnIC」の開始について
〜地域の社会課題解決に向けた事業共創〜
  Source : NTT東日本
  NTT東日本は、2019年度アクセラレータープログラム「NTT EAST ACCELERATOR PROGRAM LIGHTnIC」を、2019年5月20日より開始しました。加えて、本プログラムのエントリーサイトを開設し、 事業共創を行うパートナー企業を6月24日まで募集します。

フレッツ光新規申込時等の割引の実施について
  Source : NTT東日本
  株式会社NTTドコモ、KDDI株式会社、ソフトバンク株式会社の3社は、2019年5月以降、携帯電話番号だけでメッセージがやりとりできる「+メッセージ」の機能拡充を実施します。

農業分野における新会社の設立について
〜NTTグループ初の「農業×ICT」専業会社を設立、地域活性化・街づくりをめざして〜
  Source : NTT東日本
  フレッツ光の新規申込時等における各種割引を2019年6月1日(土)より実施します。
(1) 「ギガ推し!割引」
「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」、
「フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ」 新規申込時の月額利用料30ヵ月間割引
(2) 「フレッツ 光ライト もっとライトに!割引」
「フレッツ 光ライト ファミリータイプ」新規申込時、以下@・Aいずれかの割引を適用
@初期工事費割引
A月額利用料24ヵ月間割引
(3)「工事費割引」
フレッツ光に係わる各種工事費について、以下のとおり割引きします。
@移転申込時の移転工事費割引
Aタイプ変更申込時の工事費割引

日本初の国内全土をカバーした50cm解像度デジタル3D地図の販売を開始
  Source : NTTデータ
  株式会社NTTデータと一般財団法人リモート・センシング技術センターは、日本全土をカバーするデジタル3D地図「AW3DR日本全国高精細3D地図」を2019年5月23日より販売開始します。
本サービスは、50cm解像度の三次元情報に基づき、地図縮尺1/2,500相当の位置精度を持ちます。この精度の日本全土のデジタル3D地図整備は国内初の試みです。提供データは、地形データ、衛星画像、建物3Dデータから構成されます。

AI技術のグローバル集約拠点、AI CoEを新たに設立
〜デジタル先進技術人材をグローバルで5,000名体制に〜
  Source : NTTデータ
  株式会社NTTデータは、2019年5月21日に、グローバルでAIに関する知識を蓄積し、専門技術者を育成するAI CoE(Center of Excellence)を設立します。
AI CoEとは、AI知識集約、トレーニング、技術支援、アセット(知的資産)提供等の機能により、グローバル横断でデジタルビジネス拡大を支援するための活動です。設立時は、当社と海外グループ会社であるeveris(スペイン)に在籍するAI技術者で構成します。

DRM(デジタル著作権管理)に対応!
「SmartSTREAMビデオプラットフォームサービス」に新機能追加
〜コンテンツ配信ビジネスを実施するお客様へ、違法コピー制限機能をかんたん導入!〜
  Source : NTTスマートコネクト
  エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社は、2019年5月22日(水)より、クラウド型動画配信サービス「SmartSTREAM ビデオプラットフォームサービス」にDRM (デジタル著作権管理)機能をはじめとした新たな機能を追加いたします。

クラウド型ロボットプラットフォーム「ロボコネクト」に対応するオリジナルキャラクターデザインを活用したロボットソリューションの提供
〜第一弾としてマルコメ株式会社「マルコメ君」のオリジナルロボットを製作〜
  Source : NTT東日本
  マルコメ株式会社と、東日本電信電話株式会社は、NTT東日本が提供するクラウド型ロボットプラットフォーム「ロボコネクト」 に対応したマルコメ株式会社の自社キャラクター「マルコメ君」のオリジナルロボットを製作しました。
また、様々な業界のお客さまからのオリジナルデザインロボット製作要望に応え、NTT東日本はロボコネクトに対応した「オリジナルキャラクターデザインを活用したロボットソリューション」の提供を開始いたします。

コミュニケーションロボットを活用したプログラミング教育ソリューションの提供に向けた実証実験について
〜品川区教育委員会と連携し、小学校でのトライアルを開始〜
  Source : NTT東日本
  品川区教育委員会と、東日本電信電話株式会社は、2020 年度からの小学校プログラミング教育の実施に向けて、プログラミング教育におけるコミュニケーションロボットの有効性を検証するトライアルを区内の2校で開始いたします。

「あんしんパック」をリニューアル
-個人のモバイル機器とご家庭のデジタル機器をトータルでサポート-
  Source : NTTdocomo
  株式会社NTTドコモは、スマートフォンなどのモバイル機器を安心・安全にお使いいただくことを目的に提供している「あんしんパック」を、ご家庭でお使いのデジタル機器もサポートするサービスパックとして、2019年7月(予定)からリニューアルいたします。

自然言語解析AI「COTOHA(R)」シリーズと「Amazon Connect」、「Salesforce Service Cloud」を活用した「クラウド型AIコンタクトセンターソリューション」を提供開始
〜AIコンタクトセンターを迅速に構築できる企業として「Amazon Connect」におけるAWSサービスデリバリープログラムの日本企業第1号を取得〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  NTTコミュニケーションズは、AIを活用したコンタクトセンターを迅速に構築できる「クラウド型AIコンタクトセンターソリューション」の提供を、2019年5月16日より開始します。

IoTで現場の働き方改革!
〜現場目線のIoT適用で忘れ物などの課題解決!稼動がなんと93%減!!〜
  Source : NTT東日本 千葉事業部
  東日本電信電話株式会社 千葉事業部は、株式会社 宮川製作所及び株式会社アイチコーポレーションと「RFIDを利用した持ち出し管理システム」と「バケット車車載品管理システム」を導入し、稼動の削減と生産性の向上について実証実験を開始いたしました。

デジタルトランスフォーメーション(DX)の推進により定型業務の効率化を実現
〜地域活性化に向けた取り組みを強化〜
  Source : NTT東日本 千葉事業部
  東日本電信電話株式会社 千葉事業部は、定型業務の抜本的効率化による現場業務へのリソースシフトを目指し、RPAソフトウェアの導入により業務の効率化に取り組み、約20,000時間の稼動削減を実現しました。

特殊詐欺解析AIを用いた実証実験の実施等について
  Source : NTT東日本
  特殊詐欺に対して、これまでも様々な対策が講じられてきたところですが、その手口は巧妙化・複雑化しており、認知件数・被害額も依然として高い水準で推移しています。また、金銭的な被害に留まらず、人命にかかわる事件も発生したこと等により、お客さまが電話に出ることに対して不安を感じられるケースが増えています。
こうした中、お客さまに安心して電話をご利用いただけるよう、NTTグループとして、特殊詐欺の撲滅にむけて、今回、グループが有するサービス・技術等を活用し、特殊詐欺解析AIを用いた実証実験を行うこととしました。

「Multi-Cloud Connect」において、通信キャリアとして初めて「Oracle Cloud」東京リージョンへのVPN接続を開始
〜国内アクセスのスループット高速化、遅延の低減でさらに快適に〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  NTTコミュニケーションズ株式会社は、ICTを活用して「ビジネスを変革、創出」するデジタルトランスフォーメーションをお客さまと共に実現する「DX Enabler(TM)」として、デジタルデータを価値あるものとして活用するための最適なプラットフォームの提供に向けた取り組みを行っています。
このたび、セキュアなマルチクラウド環境を実現する「Arcstar Universal One Multi-Cloud Connect」において、2019年5月8日より、通信キャリアとして初めて、日本オラクルが提供する「Oracle Cloud」東京リージョンへのVPN接続を開始します。

バックナンバー

協会からのお知らせ

2019年度電話応対コンクール(収録直前研修)のご案内
2019年度電話応対コンクール「地区大会」(応対収録)のご案内
6月実施研修のご案内

 

Copyright (c) JTUA Chiba. All rights reserved.