千葉支部トップページ 入会案内
テレコム・フォーラム
テレコムフォーラムについて
このサイトは日本電信電話ユーザ協会千葉支部の会員様向けに発行しておりますメールニュースのアーカーイブサイトです。メールニュースはこちらでユーザ協会に入会することで購読することができます。
コンテンツ
協会注目ニュース
協会からのお知らせ

支部関連リンク
ユーザ協会本部
とくとくホテルサービス

千葉関連リンク
NTT東日本 千葉支店 千葉西支店
NTT東日本
千葉日報ホームページ
千葉の観光まるごと紹介
幕張メッセ

 

 

協会注目ニュース
2021.1.8更新
「災害時における通信設備復旧の連携等に関する基本協定」等の締結について
〜相互連携の強化により、早期の通信手段の復旧・維持に努めます〜
  Source : NTT東日本 千葉事業部
  佐倉市・八街市・富里市・山武市・酒々井町・芝山町と東日本電信電話株式会社 千葉事業部は、災害の発生に備え、「災害時における通信設備復旧の連携等に関する基本協定」及び「当該基本協定に基づく覚書」を締結いたしました。

AIによる蓄電池システムの故障予兆検知技術の開発に成功
〜脱炭素社会の安心・安全・安定したインフラ提供に貢献〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  株式会社 GSユアサとNTTコミュニケーションズ株式会社は、2020年12月、AIによる蓄電池システムの故障予兆検知技術の開発に成功しました。
本技術は、NTT ComがAI技術の一種であるディープラーニングを用いた時系列データ解析技術を提供し、GSユアサがリチウムイオン電池を活用した社内設備の蓄電池データを提供することにより実現しました。

Health Data Bankで従業員のストレス把握ができる、パルスサーベイを2021年1月より販売開始
〜2020年10月にNTTグループ20万人が導入、リモートワーク時代の健康経営を支援〜
  Source : NTTデータ
  株式会社NTTデータは、従業員の健康を管理する企業向けクラウド型健康管理システム「HealthDataBank(R)(ヘルスデータバンク)」にストレス変調把握ができる「パルスサーベイメニュー」注1を追加し、2021年1月より販売開始します。

オンライン診療システム向けに、聴診音のリモート伝達に適したWebブラウザベースの音声・映像通信サービスを2021年1月下旬より提供開始
  Source : NTTスマートコネクト
  エヌ・ティ・ティ・スマートコネクト株式会社は、医療機関が利用するオンライン診療システム向けに、聴診した心音や呼吸音のリモート伝達に適したWebブラウザベースの音声・映像通信サービスを2021年1月下旬より提供開始する予定です。

光回線を使ったテレビサービスおよび「スカパー!」の山形県・岩手県における提供エリア拡大と受付開始について
  Source : NTT東日本
  スカパーJSAT株式会社と東日本電信電話株式会社は、連携して提供中である光回線を使ったテレビサービスについて、2021年1月7日(木)に、山形県および岩手県へ提供エリアを拡大するとともに、あわせて申し込み受付を開始いたします。

ローカル5GにおけるSub-6帯の実用局免許申請について
〜ローカル5Gを活用した独自ソリューションの提供によるDXの推進〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  NTTコミュニケーションズ株式会社は、ローカル5Gにおいて現在制度化されているミリ波帯(28GHz帯)に比べ、遮蔽物に強く通信範囲の広さに特長を持つSub-6帯(4.7GHz帯)の実用局免許申請を、制度化初日となる12月18日に行いました。

「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を提供開始
-大容量プランを見直し、よりシンプルでおトクに-
  Source : NTTdocomo
  株式会社NTTドコモは、5G向け料金プラン「5Gギガホ」と4G向け料金プラン「ギガホ(R)」の見直しを行い、大容量のデータ通信をよりおトクにご利用いただける「5Gギガホ プレミア」「ギガホ プレミア」を、2021年4月1日(木曜)から提供開始いたします。

「NTT東日本Solution Forum2021 ONLINE」の開催について
〜地方創生と企業成長を加速させる、「リモートワールド〜分散型社会〜」実現に向けたNTT東日本の提案〜
  Source : NTT東日本
  東日本電信電話株式会社は、2021年1月18日〜22日に、NTT東日本グループの技術やアセット、ソリューション事例をお客さまに体感いただく場として、オンラインイベント「NTT東日本Solution Forum2021 ONLINE」を開催いたします。

化学プラントにおいて運転員のオペレーションを非常に高い精度で模倣するAIを開発
〜AIによるプラント運転の自動化に向けた取り組み〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  NTTコミュニケーションズ株式会社は、横河ソリューションサービス株式会社と連携し、化学プラントにおいて、システムによる自動制御が困難なため運転員によるオペレーションが不可欠な工程に対して、運転員のオペレーションを学習しその動きを模倣するAIを開発しました。

NTTインターコミュニケーション・センター [ICC]
特別展「多層世界の中のもうひとつのミュージアム
──ハイパーICCへようこそ」の開催について
  Source : NTT東日本
  東日本電信電話株式会社が運営する文化施設NTTインターコミュニケーション・センターでは、特別展「多層世界の中のもうひとつのミュージアム──ハイパーICCへようこそ」を開催いたします。

最高時速 290km のフォーミュラカーで誤差約10cmの測位に成功
〜全日本スーパーフォーミュラ選手権で「docomo IoT 高精度 GNSS 位置情報サービス」を活用した実証実験を実施〜
  Source : NTTdocomo
  株式会社 NTTドコモは、「docomo IoT 高精度 GNSS 位置情報サービス」を活用して、最高時速 290km で走行中のフォーミュラカーで、誤差約10cmの測位に成功しました。
今後、正確な車両位置の把握が必要となる自動車や鉄道の自動運転などで、高精度測位技術の活用をめざします。

「まなびポケット」の申し込みID数が100万を突破
〜教育現場でのさらなる利活用に向け、定額制コンテンツサービスと活用サポートを提供〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  NTTコミュニケーションズが提供するクラウド型教育プラットフォーム「まなびポケット」の申し込みID数が100万IDを突破しました。
NTT Comは、引き続き教育ICT環境の整備に貢献するとともに、今後、定額制コンテンツサービスの提供や、教職員の方などへの活用サポートを通じて、導入いただいた「まなびポケット」をより多くの教育現場で利活用いただく取り組みを続けていきます。

ワークスペースの即時検索・予約・決済ができる「Dropin」が「ワーケーション」に対応
〜日本テレワーク協会、KNT-CTと共同で実証実験を開始〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  NTTコミュニケーションズ株式会社は、ワークスペースの即時検索や予約ができる「Dropin(ドロッピン)」について、2021年1月中旬よりワーケーション施設の検索・予約を可能にする実証実験を開始し、利用者およびワークスペース提供店舗の募集を開始します。
本実験により、旅行先や研修先などにおいても、スマートにワークスペースを確保できるサービスのニーズや課題などを検証します。

NTTデータとNTT東日本関東病院、胸部CTの診断プロセスへのAI画像診断技術の適用を目指し、共同検証を開始
  Source : NTTデータ
  株式会社NTTデータとNTT東日本関東病院は、NTTデータの胸部CT画像を対象としたAI画像診断支援ソリューションのプロトタイプ検証を共同で開始し、2021年1月より実際の診断プロセスに適用する本格検証を行います。
本検証では、NTTデータが開発したAI画像診断支援ソリューションを用いて、NTT東日本関東病院で撮影された胸部CT画像から胸部全体の異常箇所の自動検出および診断性能の評価を行います。

全天候で撮影可能な衛星を活用した、全世界デジタル3D地図を提供開始
〜フィンランドの小型レーダー衛星会社のICEYE社と提携〜
  Source : NTTデータ
  株式会社NTTデータは、フィンランドの小型レーダー衛星会社 ICEYE社との業務提携を行い、NTTデータの衛星画像ソリューションに新たに「全天候型地図情報提供サービス」を追加して、2020年12月4日より販売を開始しました。

新料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表
  Source : NTTdocomo
  株式会社NTTドコモは、ニューノーマル時代を切り開いていくデジタルネイティブ世代にフィットした、月間データ容量20GBを月額2,980円(税抜)でご利用いただける新たな料金プラン、「ahamo(アハモ)」を2021年3月に提供開始いたします。

マルチテナント型物流施設「DPL市川」においてAIを活用した実証実験を開始
〜物流業界初 マスク着用の有無やカフェテリアの混雑を自動で検知〜
  Source : NTTコミュニケーションズ
  大和ハウス工業株式会社とNTTコミュニケーションズ株式会社は、大和ハウス工業が開発したマルチテナント型物流施設「DPL市川」において、NTT Comが提供するAI映像解析ソリューション「COTOHA Takumi Eyes(R)」を活用し、物流施設で初めて施設内に設置したカメラ映像から利用者のマスク着用有無や、施設内カフェテリアの混雑度を自動で検知する実証実験を2020年12月4日より開始します。

バックナンバー

協会からのお知らせ

新型コロナウイルス感染予防の観点から、Zoomを活用したWEB研修を次のとおり開催します。
新型コロナウイルス対策へのテレワーク導入(Web会議)支援施策として次のとおりユーザ協会会員特典を設定中です。

 

Copyright (c) JTUA Chiba. All rights reserved.